日除けシェードを設置しませんか

いよいよ太陽光が強くなります。すだれシェード、日除けサンシェード、日除けスクリーン、ケールブラインド、オーニングテント等が必要になります。

ベランダの照り返し熱波を遮断します。直射日光を遮断します。

光を柔らかく通して、UVや日射熱をカットします。明るく涼しい部屋を作り、節電にもなり、プライバシーも守れます。

風を通して通気性抜群、程よい採光の日除け、反射率の低いエコロジックなシェード、快適なガーデンライフとお洒落なオープンテラスを楽しみませんか。

さて、シェードの取り付けについて注意点があります。すなわち、①「窓側やベランダ側の外壁やサッシなどに取り付ける際の問題」②「強風でシェードが吹き上げられても取付金具が外れないかどうかの問題」であります。

まず①の取り付け方法について、外壁にはいろいろな種類がありそれらに応じてシェードが取り付け可能かどうかであります。またサッシ枠やシャッター雨戸枠、手摺り、木部、コン­クリート面、スチール面などの様々な場所にシェードが取り付け可能かどうかです。

次に②について、どのような台風、突風、強風にも耐えられるようなシェードの取り付けは難しいと思います。というのは、取り付け部分は耐えたとしても、シェードのどこかが破壊される恐れがあります。従って、シェードをたたみ易くする取り付け方がベストではないでしょうか。

以上の問題点をクリアできる取り付け大工仕事ができるハギワラ工房に是非お任せください。お気軽にご相談ください。

 

 

 

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ